栗林良吏は高校時代からすごかった?大学や社会人時代についても!

栗林良吏は高校時代からすごかった?大学や社会人時代についても! スポーツ

今や広島東洋カープの守護神となった

栗林良吏(くりばやし りょうじ)投手

 

新人ながら開幕からの無失点記録を

継続しています

 

そんな栗林投手の高校時代って

どんな感じだったのでしょうか。

 

ここでは、栗林投手の

高校・大学・社会人時代を

振り返ってみたいと思います。




栗林良吏の高校時代は?

栗林良吏(くりばやし りょうじ)選手は

愛知県の愛知黎明高校出身です

 

高校時代は2年生の秋までショート

守っていましたが、監督から勧められて

ピッチャーに転向しています。

 

甲子園の出場経験はありませんが、

高校2年時に夏の甲子園大会愛知県予選で

準優勝をしています。

その時は内野手として出場し、

打率5割6分2厘、ホームラン1本、打点12

という素晴らしい活躍をみせていました。

 

その後、最上級生となった

栗林良吏選手はキャプテンで4番

任せられるなどチームの

中心選手になっています。

 

しかし栗林良吏選手が高校3年となった

最後の夏の甲子園をかけた愛知県予選では

敗退してしまい、甲子園出場はなりませんでした




栗林良吏、大学では?

その後栗林良吏選手は

名城大学に進学しています。

 

大学に進学した栗林選手は、

山内壮馬コーチの指導を受け急成長

見せます。

 

大学1年生の春はピッチャーとして

9試合に登板し5勝をマークします。

 

そして大学二年生の時には

球速151kを計測しており

日本代表候補に選ばれるほどにまで

成長していました。

 

さらに大学三年の春には

ノーヒットノーランを達成しています。

 

そしてその年の秋には

明治神宮大会に出場し、

大学日本代表にも選ばれています。

その時の日米野球やユニバーシアードなどの

国際大会では、4試合に登板し、

わずか1失点の好投をみせています。

 

大学4年に望んだ2018年のドラフト会議では、

2位以内でないとプロにはいかない

決めていましたが、結局指名漏れとなり

トヨタ自動車へ進んでいます。

 

栗林良吏、トヨタ自動車へ!

2019年の社会人1年目では、

トヨタ自動車でもエース級

活躍を見せていました。

 

またその年のウインターリーグでも、

社会人選抜に選出され優勝

経験しています。

 

そしてその年の秋に行われた

ドラフト会議では、

広島東洋カープから1位指名を受け、

契約金1億円、年棒推定1600万円+出来高

という最高条件で入団しています。

栗林良吏、プロでは?

最高条件で広島東洋カープに入団した

栗林良吏投手。

 

背番号はかつてのエース北別府選手が

つけていた20番です。

 

MAX153kの速球に加え

カーブ・フォーク・カットボールを投げ

広島の抑えを任さられています。

2021年3月27日の中日戦で初セーブを挙げ、

新人投手で開幕からの無失点記録は

5月4日現在14試合で、

これは日本プロ野球記録はもちろんのこと、

世界記録にもなっています。

 

まとめ!

今回は新人ながら、

広島の抑えのエースとなった

栗林良吏投手を取り上げてみました。

 

栗林投手は愛知黎明高校・名城大学・

トヨタ自動車と進み、2020年のドラフト会議で、

広島から1位指名を受けています。

 

その広島では、現在開幕から

14試合連続無失点記録を更新中です。

 

この記録がどこまで伸びるのか

今後も目が離せません!



コメント

タイトルとURLをコピーしました