トカゲ男・エリックスプレイルとは?奇抜な身体改造人間たち!

トカゲ男エリックスプレイル

世界には奇抜な身体改造に取り組んでいる人達がいます。トカゲ男・ヴァンパイアウーマン・ピアスコレクターなど様々です。彼らはフリークショーなどで活躍する者や、結婚して幸せに暮らしている者などがいます。今回はそんな奇抜な身体改造に取り組んだ方々を紹介します。




トカゲ男、エリック・スプレイグ

引用:https://kuku.lu/s320400

リザードマン(トカゲ男)と呼ばれているエリック・スプレイルさん47才。

見た目をトカゲのようにしたくて、全身にグリーンのウロコ状のタトゥーを施し、舌にも切り目を入れ2枚にしています。

耳たぶには大きな穴をあけ、2016年にはこの耳で16kgの樽を持ち上げ、重量世界一のギネス記録を達成しています。

フリークショウやサーカスなどで、巡業しながら生活しています。

衝撃的なパフォーマンスで話題を集めています。

バンパイアウーマン、エリア・ホセ

引用:https://kuku.lu/s320404

彼女に名前はエリア・ホセさん!

最も身体改造をした方で、バンパイアウーマンと呼ばれています。

身体を改造した回数がなんと49回もあり、ギネス記録に認定されています。

彼女は顔だけでなく、体全体を改造している奇抜な方なのです。

しかしビックリすることに、彼女は元弁護士であり4名の子供を持つ母親でもあるのです。

引用:https://kuku.lu/s320407

改造前の姿を観てしまうと、驚きが倍増します!

かつて10年近くも前夫からDVを受け、離婚をしたのを機に身体改造を行っています。

現在は再婚をし楽しく生活をしているそうです!

ピアスコレクター、エレイン・デイヴィッドソン

引用:https://kuku.lu/s32040a

世界一ピアスが多い女性として、ギネスに認定されているブラジルのエレイン・デビットソンさんです!

その数は9800個を超えています。

最初にギネスに認定されたのが2000年で462個でしたので、20倍以上も増えている事になります。

酒・薬を飲まない元看護士さんでした。

ブラジルからイギリスへ移住して、2011年には15年も付き合った公務員の方と結婚しています。

引用:https://kuku.lu/s320412

クリーチャー、マークス・ボイキン

引用:https://kuku.lu/s320414

”クリーチャー”と自称するのはマークス・ボイキンさん!

自身の身体をキャンバスにするタトゥーアーティストであり、フリークショーなどで活動しています。

会う人会う人を怖がらせてしまう事をちょっぴり後悔しているそうで、自分の住む部屋を探すのに苦労したそうです。

ナイーブな一面を持ったクリーチャーですね。

レッドスカル、ヘンリー・ダモン

引用:https://kuku.lu/s32041d

ヘンリーダモンさんは、長年抱いていた夢であった鼻切除を行っています。

子供の頃から観ていた「キャプテン・アメリカ」で、悪役として登場するレッドスカルの憧れ、自分もレッドスカルのようになりたいと思っていたそうです。

そのため額にはインプラントを入れ、顔面全体に赤いタトゥーを彫り込み、眼球も黒色に染めて鼻を切除しています。

引用:https://kuku.lu/s320425

う~ん、似てるかな~?

オウム男、テッドリ・チャーズ

引用:https://kuku.lu/s32042f

大好きなオウムに似せるためテッドリ・チャーズは、6時間あまりの手術で自身の耳を切除しています。

イギリスのブリストル出身の彼は、耳以外にも110のタトゥーを入れ、舌を切り裂き二又にし前頭部には角を生やし後頭部にはヒトデ型のインプラントを埋め込み、ピアス穴も50箇所ほど開け眼球も2色に染めていて、さらには鼻をくちばしのように尖らせたいと言っています。

耳がないためメガネが掛けられませんでしたが、側頭部に棒を埋め込むことで、その問題を解決しています。

この姿本人は至って気に入っており、鏡を何度も見入るそうです。

トンネル男、ジョエル・ミグラー

引用:https://kuku.lu/s320436

ドイツ出身のジョエル・ミグラーさんは、顔に最も大きい穴(トンネル)を持つ者としてギネスに認定されています。

左右の頬に作った穴の大きさは3.4㎝で、これから4cmにまで拡大すると言います。

13才のころに、初めてタトゥーを入れてから中毒のようになり、早く次のタトゥーを入れたいと言います。

こんな記事も読まれています。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする