横浜開港祭花火大会2023の打ち上げ時間は?ホテルなどの穴場も紹介!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
深谷花火大会2023の駐車場の場所は?屋台や穴場についても詳しく! 花火

 

横浜開港祭とは

日本と外国の貿易再開を記念して、

初めて横浜で開催されたお祭りです。

 

当時横浜には数多くの外国人が生活していて、

その外国人との親睦を深めるために、

始まったお祭りなのです。

 

当初は「開港記念日」と呼ばれていましたが、

その後に「横浜開港祭」と改められ

現在に至っています。

 

そんな横浜開港祭花火大会2023について

開催時間やホテルなどの穴場情報

まとめました。

 

最後まで見ていって下さい!

 

横浜開港祭花火大会2023の日程は?

第42回横浜開港祭花火大会2023
開  催 日:2023年6月2日(金)
打上時間:19:30~20:30
開催場所:横浜市中区山下公園周辺
開催住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1
打上発数:約6,000発

 

横浜開港祭花火大会2023は荒天により

中止となりました。

 

横浜開港祭花火大会の見どころとしては、

500機ものドローンと音楽やレーザー光線が

リンクした新感覚の花火であるところです。

 

横浜開港祭のフィナーレを締めくくるべ

花火大会となっています。

 

横浜開港祭では、で花火大会以外にも

パレードやハーバーイルミネーション、

山下公園での音楽ライブなどで

祭りを盛り上げています。

 

横浜開港祭花火大会2023の日程は?

横浜開港祭花火大会では

有料席観覧席が準備されています。

 

2023年の内容は発表されていませんので、

これまでの状況を載せておきます。

 

  • 国立大ホール前会場ペア席:6000円
  • 国立大ホール前会場2~5人席:15000円
  • メイン会場でのペア席:9000円

 

なお有料席のチケット

チケットぴあやLivepocket ticketで購入可能です。

 

また横浜開港祭花火大会では、

無料席も準備されていますが、

人気が高く混雑は免れないようです。

 

横浜開港祭花火大会2023の穴場は?

横浜開港祭花火大会における穴場スポットとして、

ネット上で下記の場所が取り上げられてましたので、

それぞれ検証してみたいと思います。

 

港の見える丘公園の展望台

港の見える丘公園の展望台からの

花火の様子です。

 

打ち上げ会場からの距離はありそうですが、

これだけ見えれば十分ですね。

 

カップヌードルミュージアムパーク

カップヌードルミュージアムパークからは

花火をきれいに見下ろせますね。

 

ただし入園に際しては花火鑑賞券

(安全対策協力金)として 大人2600円

子供500円の入園料がかかります

 

ちなみに小学生未満は無料となっています。

 

大桟橋埠頭

大桟橋埠頭も穴場スポットとしては

有名なようです。

 

少し距離はありますが、全体像は見れそうです。

 

ただし穴場スポットとしては認知されており、

早めに行かないといい場所が

とれないかもしれません。

 

ホテルニューグランド横浜

ホテルニューグランド横浜では

花火大会の日程に合わせて

一夜限りの特別プランを準備されています。

 

しかし特別といっても料金はかかりますので、

その分は覚悟してください。

 

横浜ベイホテル東急

横浜ベイホテル東急から

ベストポジションでの花火鑑賞です。

 

人混みとは無縁のなうえ

涼しいお部屋からは特別感MAXですね。

 

横浜ロイヤルパークホテル

横浜ロイヤルパークホテルからの

花火は特別指定席です。

 

優雅な気分で花火を鑑賞できます。

 

あとはお財布との相談ですね。

 

インターコンチネンタル・グランド横浜

インターコンチネンタル・グランド横浜からの

花火も特別感あるものです。

 

めったに見れない光景です。

 

目に焼き付けてほしいですね。

 

横浜開港祭花火大会2023の駐車場について!

横浜開港祭花火大会2023では

臨時の駐車場は用意されていません。

 

花火大会当日は、会場周辺の道路が

混雑することが予測されるため、

公共交通機関を利用されることをおすすめします。

 

またお車での利用を考えている方は、

周辺の有料駐車場を利用してください。

 

ただし近辺には利用可能な駐車場が少ないため、

早めに現地入りするなど対策を講じて下さい。

 

もしくは少し遠くに止めてJRなどを経由して

会場入りするなど工夫を凝らしてください。

 

それでもマイカーを希望される方は、

完全予約性の駐車場「akippa」をお勧めします。

 

完全予約性だから当日迷うことなく駐車できますよ。

 

詳しい内容は下記から確認せてみて下さい。

 

\完全予約制だから安心!/

 

こちらはおすすめの花火大会です。

 

まとめ!

横浜開港祭花火大会2023は6月9日に

開催が決定しています。

 

約1時間の間に6000発もの花火が打ち上がります。

 

有料席の準備もしてありますが、

市内のいたるところから見ることもできますので、

それぞれの花火の楽しみ方を味わってほしいですね。

タイトルとURLをコピーしました