台風14号(2020年)最新進路は?米軍・ヨーロッパ予想も!

台風14後の最新予想!

台風14号<CHAN-HOM>(チャンホン)に接近しています。

この台風14号はゆっくりとした速度で北上していますが、進路予想が予測が難しいものとなっています。

そこで今回は、台風14号の進路予想を日本の気象庁と米軍基地予測・windy・ヨーロッパ中期予報センターの予測を合わせて紹介したいと思います。




台風14号(2020年)の最新情報

10月8日7時現在の台風情報

  • 中心気圧     965ha
  • 強さ       強い
  • 最大風速(中心) 35m/s
  • 最大瞬間風速   50m/s
  • 速度       時速10㎞

強い台風14号は、10月8日現在、高知県足摺岬の南260キロの海上を時速10㎞とゆっくりしながら北へ進んでいます。

台風14号(2020年)最新進路!

台風の接近で西日本では10日にかけて、東日本の太平洋側では11日にかけて非常に強い風が吹く見込みです。

10日にかけての最大風速は、

・九州南部と四国、近畿、東海、それに伊豆諸島で25m

・九州北部と関東甲信で20m

最大瞬間風速は、30mから35mと予想されています。

11日は

・伊豆諸島で、最大風速が25mから29m、最大瞬間風速は35mから45m

・東海と関東甲信で、最大風速が20mから24m、最大瞬間風速は25mから40m

・東北で、最大風速が15mから19m、最大瞬間風速は20mから30mと予想

海上を中心に波も高く、10日にかけて

・九州南部で10m

・四国と近畿、東海で9mの猛烈なしけとなるほか、

・九州北部で8m

・奄美と伊豆諸島で7m

・沖縄と関東で6mの大しけになる見込

関東と伊豆諸島では

11日は6mから8mの大しけが続く見込み

8日、各地で予想される最大風速は

・九州南部と奄美で23m

・九州北部と関東甲信で20m

最大瞬間風速は

・九州南部と奄美で35m

・九州北部と関東甲信で30mと予想

9日の最大風速は

・九州南部と奄美、四国と東海、それに関東甲信で23m

・九州北部と近畿で20m

最大瞬間風速は

・九州南部と奄美、四国と東海、それに関東甲信で35m

・九州北部と近畿で30mに達すると予想

波も高くなり、

8日は

・九州南部で10m

・奄美で9mの猛烈なしけ

・沖縄で7m

・四国で6mの大しけが予想

9日は

・九州南部で11m

・四国で9mの猛烈なしけが

・奄美と九州北部で8m

・近畿と東海で7mの大しけが予想

台風14号(2020年)最新進路は?米軍予想やヨーロッパ予想!

米軍進路よそう

米軍の台風進路予想図です。

大まかの予想は日本気象庁と大きな違いは見られません。

ただしこの図柄が特徴的で、新鮮に見えますね。

ヨーロッパ予想





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする