アジアカップ2019の優勝候補と対戦国は?日本の決勝トーナメントは激戦必至!

アジアカップ2019が1月5日に開幕します。この大会の優勝候補と対戦国をピックアップしてみました。日本の決勝トーナメント進出は最低条件ですが激戦必至の様相!アジアカップ2019の優勝候補から対戦国との成績や決勝トーナメントの予想をしてみました。




AFCアジアカップ2019の優勝候補は?

2019年1月5日に開幕する「AFCアジアカップ2019」!

17回目を迎えるアジアNO.1を決めるサッカーの祭典ですよね。

過去の成績から見て、優勝経験があるのは日本の4回を筆頭に、イランとサウジアラビアが3回、韓国が2回であとはイスラエル、クウェート、イラク、オーストラリアが1回づつとなっています。

イスラエルとクウェートは、今回出場していませんので、優勝経験があるのは日本をはじめとする6ケ国となります。

またFIFAランキングでみると、アジア最上位はイランの29位がトップで、次いでオーストラリア41位、日本50位、韓国53位、サウジアラビア69位までが、アジアのベスト5となっていて、この5か国が最近ではアジアのベスト5を占めていて、定位置となっているようですね。

FIFAランキングから判断すると、イランが頭1つ抜きに出ているようにも思えますが、優勝回数で言えば日本の4回がトップですし、前回優勝のオーストラリアや準優勝の韓国あたりも優勝候補に入ってきますよね。

森保ジャパンになってからの戦いぶりを見ていると、好調な滑り出しをしてますし、ぜひこの調子を続けて優勝してもらいたいですね!

アジアカップ2019グループリーグの組み合わせ

【グループA】

FIFAランキング
UAE 79位 開催国
インド 97位
バーレーン 113位
タイ 118位

【グループB】

FIFAランキング
オーストラリア 41位 前回優勝国
シリア 74位
パレスチナ 99位
ヨルダン 109位

【グループC】

FIFAランキング
韓国 53位 優勝2回
中国 76位
キルギス 91位
フィリピン 114位

【グループD】

FIFAランキング
イラン 29位 優勝3回
イラク 88位 優勝1回
ベトナム 100位
イエメン 135位

【グループE】

FIFAランキング
サウジアラビア 69位 優勝3回
レバノン 81位
カタール 93位
北朝鮮 109位

【グループF】

FIFAランキング
日本 50位 優勝4回
オマーン 83位
ウズベキスタン 95位
トルクメニスタン 127位

FIFAランキング2018年11月29日発表

アジアカップ2019の決勝トーナメントで日本は激戦必至!

勝負事ですので絶対はありませんが、FIFAランキング通りに勝ち上がったとすれば、F組1位の日本は決勝ラウンド初戦でE組2位(サウジアラビアが1位通過とした場合)レバノン、カタール、北朝鮮のいずれかとの対戦となります。

特にカタールとは2011年のアジアカップの準々決勝で顔を合わせており、吉田選手の退場もありましたが、後半途中までリードを許し中盤に何とか追いつき、試合終了間際の後半45分に突き放した試合をしています。

北朝鮮とも何度も戦っていますが、8勝7敗4分と対戦成績の上ではほぼ互角の戦いを繰り返しています。

レバノンとは、1967年に1度だけ対戦経験があり勝利していますが、古い情報なのであまり参考になりません。

この3チームの中では、FIFAランキングが一番上位なので、やはり要注意ですよね。

いずれにせよ楽な相手ではありませんよね。

そこで問題は次の準々決勝の相手ですが、順当にいけば前回優勝のオーストラリアとの対戦となります。

決勝戦でぶつかってもおかしくない相手ですが、これまでの対戦成績は9勝6敗9分と勝ち越してはいますが、前回優勝国ですしランキングも日本より上位にいます。

やはりこの試合が山場になりそうですね。

そして準決勝の相手ですが、順当にいけばアジアランク1位(FIFA29位)のイランと当たる予定となります。

これまでのイランとの対戦成績は5勝7敗6分と負け越していますが、最近5試合では1勝1敗3分と全くの互角です。

この試合が最大の山場になりそうですね。

そして決勝は順当にいけば宿敵韓国との対戦になるはずです。

対戦成績は13勝36敗21分と大幅に負け越していますが、最5試合では2勝1敗2分と勝ち越しています。

しかし日本戦となると、力以上のものを出してくる韓国だけに厳しい試合となるでしょう。

いずれにしてもいばらの道のように思えますが、われらが日本の優勝を信じて応援したいですね。




アジアカップ2019決勝トーナメント組み合わせ

ベスト16

1月20日20:00(日本時間)①

ヨルダン(グループB1位) 1 VS 1 ベトナム(グループD3位)

PK戦     2  -  4

1月20日23:00(日本時間)②

タイ(グループA2位) 1 VS 2  中国(グループC2位)

1月21日2:00(日本時間)③

イラン(グループD1位) 2 VS 0 オマーン(グループF3位)

1月21日20:00(日本時間)④

日本(グループF1位) 1 VS 0 サウジアラビア(グループE2位)

1月21日23:00(日本時間)⑤

オーストラリア(グループB2位)0 VS  0 ウズベキスタン(グループF2位)

PK戦                         4  -  2

1月22日2:00(日本時間)⑥

UAE(グループA1位) 3 VS  2 キルギス(グループC3位)

1月22日22:00(日本時間)⑦

韓国(グループC1位) 2 VS 1 バーレーン(グループA3位)

1月23日1:00(日本時間)⑧

カタール(グループE1位) 1 VS 0 イラク(グループD2位)

準々決勝

1月24日22:00(日本時間)①

ベトナム  0 VS 1  日本

1月25日1:00(日本時間)②

中国  0 VS  3 イラン

1月25日22:00(日本時間)③

韓国  0 VS 1  カタール

1月26日1:00(日本時間)④

UAE 1  VS 0  オーストラリア

準決勝

1月28日 23:00(日本時間)

イラン  0 VS 3  日本

1月29日 23:00(日本時間)

カタール  4  VS  0   UAE

決勝

2月1日 23:00(日本時間)

日本   VS    カタール

アジアカップ2019のTV放送の日程は?

アジアカップ2019は、2019年1月5日から2月1日の決勝戦まで行われ、大会期間中は、地上波ではテレビ朝日系列が、BS放送ではNHKBS1が、それぞれ生中継を予定しています。

ここでは日本戦の試合日程を抑えておきましょう。

グループステージ第1節 1月9日(水)

日本 VS トルクメニスタン 日本時間20:00試合開始予定

グループステージ第2節 1月13日(日)

日本 VS オマーン  日本時間22:30試合開始予定

グループステージ第3節 1月17日(木)

日本 VS ウズベキスタン 日本時間22:30試合開始予定

決勝ラウンドは1位通過か2位通過によって日程が変わってきます。

順当にいけば1位通過で決勝ラウンドに進みますので、その場合は下記の日程となります。

決勝ラウンド ラウンド16 1月21日(月)

日本(F組1位) VS サウジアラビア(E組2位) 日本時間20:00試合開始予定

準々決勝 1月24日(木)日本時間22:00試合開始予定

準優勝 1月28日(月)日本時間23:00試合開始予定

決勝 2月1日(金) 日本時間23:00試合開始予定

最悪2位通過の場合も考えられますが、森保監督は7戦全勝を公言されていますので、ここでは2位通過は考えないようにしますね。

アジアカップの歴代優勝国

開催国 優勝 準優勝
第1回 1956年 香港 韓国 イスラエル
第2回 1960年 韓国 韓国 イスラエル
第3回 1964年 イスラエル イスラエル インド
第4回 1968年 イラン イラン ビルマ
第5回 1972年 タイ イラン 韓国
第6回 1976年 イラン イラン クウェート
第7回 1980年 クウェート クウェート 韓国
第8回 1984年 シンガポール サウジアラビア 中国
第9回 1988年 カタール サウジアラビア 韓国
第10回 1992年 日本 日本 サウジアラビア
第11回 1996年 UAE サウジアラビア UAE
第12回 2000年 レバノン 日本 サウジアラビア
第13回 2004年 中国 日本 中国
第14回 2007年 イラク サウジアラビア
第15回 2011年 カタール 日本 オーストラリア
第16回 2015年 オーストラリア オーストラリア 韓国

インドネシア、マレーシア、タイ、ベトナムの4か国共催

アジアカップにおけるこれまでの日本代表の成績

成績 開催国
第1回 1956年 不参加 香港
第2回 1960年 不参加 韓国
第3回 1964年 不参加 イスラエル
第4回 1968年 不参加 イラン
第5回 1972年 不参加 タイ
第6回 1976年 不参加 イラン
第7回 1980年 不参加 クエート
第8回 1984年 不参加 シンガポール
第9回 1988年 グループリーグ敗退 カタール
第10回 1992年 優勝 日本
第11回 1996年 ベスト8 UAE
第12回 2000年 優勝 レバノン
第13回 2004年 優勝 中国
第14回 2007年 4位
第15回 2011年 優勝 カタール
第16回 2015年 ベスト8 オーストラリア

インドネシア、マレーシア、タイ、ベトナムの4か国共催

槙野智章選手の記事はこちら

乾貴士選手の記事はこちら

長友佑都選手の記事はこちら

アジアカップ2019の優勝候補と対戦国は?日本の決勝トーナメントは激戦必至!《まとめ》

アジアカップ2019の優勝候補と対戦国の情報をまとめてみました。

もちろん日本も優勝候補の一角です。

森保ジャパンも負けなしで好スタートを切っていますので期待が高まりますよね。

日本の初戦は1月9日の20:00(日本時間)キックオフです。

優勝を信じて応援しましょう♪

引用:http://qq3q.biz/PsoL




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする