渡辺一平(競泳)世界新記録に本人も驚き?北島康介が後継者に指名!

渡辺一平200m平泳ぎで世界新記録

競泳200m平泳ぎの渡辺一平選手が記録した、世界新記録に本人も驚きの表情?北島康介さんが後継者に指名って本当?競泳の渡辺一平選手の世界新記録達成の瞬間や、これまでの成績などをまとめてみました。




渡辺一平(競泳)世界新記録 本人も驚き!

2017年(平成29年)1月29日、東京辰巳国際水泳場で行われた東京選手権で、競泳の渡辺一平選手が男子200m平泳ぎで、2分06秒67の世界新記録をたたき出しました。

レース後に渡辺選手は、左手でガッツポーズをとり喜びを爆発させていました。

「タイムは狙っていたが、まさか6秒台がでるとは思わなかった」と言い、「今後も記録更新を狙っていきたい」と語っていました。

身長1m93㎝と長身を生かした伸びのある泳ぎが特徴だが、2016年のリオオリンピックでは6位と沈んでおり、2010年の東京オリンピックでの活躍が期待されます。

渡辺一平 200m平泳ぎ 世界新記録!

引用:https://www.youtube.com/watch?v=9OU0ELmBPNU

渡辺一平(競泳)北島康介が後継者に指名!

パンパシフィック水泳で優勝した渡辺選手に、競泳界のレジェンドこと北島康介さんが「日本の平泳ぎを託していいですか」と問いかけられ、渡辺選手は静かに「がんばります」とだけ答えていたが、実際胸のうちには熱い思いがこみ上げていたはずです。

2004年のアテネオリンピックで、テレビに映し出された北島選手の雄叫びに目を奪われ、興奮した自分を思い起こしていました。

渡辺さんは以前「誰からも勝つと思われ、それを現実にしてしまう。北島さんへの憧れが大きすぎて、世界新記録を出した今でも追いつけたなんて、微塵も感じていない」とコメントしていました。

平泳ぎは身長が一番関係ないと言われますが、実際北島さんよりも15cmも大きく、193cmという長身は大きな武器となるはずです。

肩が柔らかく、手を広げて水をかいた時、背中よりひじが後ろにまわり、多くの水をとらえることができるのが特徴である渡辺選手。

東京オリンピックで、目標を成し遂げるための最良の選択として、トヨタ自動車に所属することを選んだが、練習環境は慣れ親しんだ早稲田大で活動していくと言います。

競泳選手として、一番ピークの年齢で迎える絶好の舞台の東京オリンピックで、自身の持つオリンピック記録や世界記録の更新を見据えて、より一層の努力を積み重ねていくと静かな闘志を燃やしていました。

引用:https://twitter.com/noppo_pei

渡辺一平(競泳)世界水泳を前に!

東京オリンピックを翌年に迎えた今年、2年に1度行われる世界水泳が韓国・光州で開催されます。

この大会で金メダルを獲得すると、東京オリンピック出場が内定する大事な大会です。

この大会で200m平泳ぎ出場する渡辺一平選手は「必ず勝たなきゃいけないレースだと思っている」「自分が水泳界を引っ張り、結果を出さなきゃいけないと感じている」「東京五輪で目標としている”ぶっちぎり優勝”をまず世界水泳で成し遂げたい」と意気込んでいます。

”過去の自分を超えたい”と自然体で望みたいと語っており、過去の自分越えとなると、必然的に世界新記録となります。

2分5秒代を出せる自信はあるといい、今年に向けて強化してきたレースプランに自信をのぞかせています。

現在、渡辺選手はこの種目で、世界ランク2位につけていて十分に優勝が狙える位置です。

世界水泳男子200m平泳ぎは7月25日、26日に行われます。

引用:https://twitter.com/noppo_pei




渡辺一平(競泳)成績は?

自己ベスト

200m平泳ぎ 2分06秒67 2017年 東京 世界記録

世界水泳選手権

2017年 ブタペスト 200m平泳ぎ

パンパシフィック水泳選手権

2018年 東京 200m平泳ぎ

アジア競技大会

2018年 ジャカルタ 400mメドレーリレー

アジア水泳選手権

2016年 東京 100m平泳ぎ
2016年 東京 200平泳ぎ

ユースオリンピック

2014年 南京 200m平泳ぎ

渡辺一平プロフィール!

渡辺一平200m平泳ぎで世界新記録

引用:http://urx3.nu/Cvlg

本名     渡辺一平(わたなべ いっぺい)

生年月日   1997年(平成9年)3月18日

星座     うお座

身長     193㎝

体重     78kg

出身地    大分県津久見市

学歴     早稲田大学スポーツ科学部

2012年(平成24年)大分県立佐伯鶴城高校時代に、全国JOCジュニアオリンピックカップに出場し、100m・200m平泳ぎで2冠となり、最優秀選手に選出されている。

2014年(平成26年)、南京ユーズオリンピックに日本代表として出場し、200m平泳ぎで金メダルを獲得している。

2016年(平成28年)リオオリンピックの準決勝で、2分07秒22のオリンピック記録を出すも決勝では6位に終わる。

2017年(平成29年)1月、東京都選手権水泳競技大会の決勝で2分06秒67の世界新記録で優勝している。

こんな記事も読まれてます

渡辺一平(競泳)世界新記録に本人も驚き?北島康介が後継者に指名!《まとめ》

今回は、競泳200m平泳ぎの渡辺一平選手についていろいろ調べてみました。

世界記録保持者として戦う世界水泳を前に、意気込みやこれまでの成績などをまとめてみました。

日本人離れした体格を活かして、これからも活躍してくれることを期待したいですね!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする