南国鹿児島の桜島!火山を学んで足湯で楽しもう。

 

毎回、九州各地を順番にご紹介する記事を書いています。

 

すでにご存じのところもあると思いますが、再確認のつもりで見て頂ければと思います。

 




 

今回ご紹介するのは鹿児島の「桜島」

 

今回は南国鹿児島の桜島を取り上げてみました。

 

九州南部に位置する鹿児島は、錦江湾(きんこうわん)に面し、桜島を中心とした観光地があり、国際会議観光都市にも指定されています。

 

九州では第4番目(博多、北九州、熊本に次ぐ)の都市で、南九州の拠点として発展しています。

 

今回そんな鹿児島の桜島にスポットを当ててみました。

 

 

 

 

「桜島」を紹介するミニ博物館

 

鹿児島と言えば、なんといっても「桜島」ですよね。

 

その桜島についたら、必ず立ち寄って頂きたいのが「桜島ビジターセンター」です。

 

現在も活動を続けている桜島の火口の様子をカメラで見ることができます。

 

またこれまでの噴火に関する統計や、歴史なども学ぶことができます。

 

火山に関する貴重な体験ができますよ。

 

桜島ビジターセンターの入り口付近には、火山灰で描かれた絵があり、皆さん足を止めています。

 

そのクオリティの高さにはびっくりしますよ。

 

インスタ映えすること間違いなし!

 

どんな絵に出会えるのか楽しみですよね.

 

中ではここでしかゲットできないお土産などもあり、十二分に楽しむことができますよ

 

 

桜島のことが何でもわかる博物館に、ぜひ立ち寄って頂きたいですね。

 

 

 

火山ガイドウォークで気分爽快!

 

その「桜島ビジターセンター」で予約をすると「火山ガイドウォーク」を体験することができます。

 

全長約3kmの「溶岩なぎさ遊歩道」を、ガイド付きで散策する体験型ツアーです。

 

桜島を見ながら、ごつごつした溶岩の名残や、その間から生えた植物を垣間見ることができます。

 

錦江湾越しに鹿児島市内も眺めることができますよ。

 

もちろん桜島をバックに記念撮影も可能です。

 

ガイドさんの説明を聞きながらの散策は、気づかないところを気づかせてくれたり、楽しい散策になりそうですね。

 

 

 

足湯堀り体験で思い出づくり!

 

桜島の南部にある有村海岸では、自分で掘った足湯につかることができます。

 

砂浜をスコップで掘ってみると、温泉が湧き出てきます。

 

温泉の温度は約40度。

 

やや熱めですが、自分で堀った温泉は気分爽快です。

 

桜島を背景に、錦江湾を眺めながらの足湯体験は、きっといい思い出になるはずです。

 

洋服が汚れないように敷物を用意しておくことをおすすめします。

 

潮の満ち引きや天候に左右されますので、あらかじめ問合わせしておくことも忘れずに!

 

 

 

南国鹿児島の桜島!火山を学んで足湯で楽しもう。《まとめ》

 

今回は南国鹿児島の桜島界隈を取り上げてみました。

 

桜島は遠くから眺めるもよし、実際に行ってみるのもよし。

 

せっかく鹿児島まで行ったら、もうひと踏ん張りして桜島迄足をのばしてみましょう。

 

近くでみる桜島には新たな発見があるはずですよ。

 

 




 

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする