大曲花火大会2023のチケットは?駐車場や見える場所についても!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
博多湾芸術花火大会2023の打ち上げ場所は?穴場や駐車場についても! 花火

 

日本三大花火大会として有名な秋田県大曲

花火大会について紹介していきます。

 

全国的にも有名で例年多くの人が訪れる

大曲の花火大会。

 

2023年の日程や打上時間が発表されています

 

チケット状況駐車場情報穴場スポット

などについてもまとめましたので

最後までご覧になって下さい!

 

大曲花火大会2023の日程と時間は?

日本三大花火大会で有名な

秋田県大曲の花火大会。

 

2023年「春」「夏」「秋」

実施されることが決定しました。

 

それぞれの開催日程は下記のとおりです。

 

大曲の花火-春の章-
「新作花火コレクション2023世界の花火日本の花火」

  • 開  催 日:2023年4月29日(土)
  • 開  場:16:00※予定
  • 打上時間:19:00~21:00
  • 開催会場:大曲の花火公園(秋田県大仙市大曲雄物川河畔)
  • 打揚発数:約8,000発

 

春の章としては6回目の花火大会です。

 

第95回全国花火競技大会

  • 開  催 日:2023年8月26日(土)
  • 打揚発数:18000発

 

コロナ禍の影響で中止となっていたため

昨年は3年ぶりに開催されました!

 

2023年は詳細が決まっていませんので

2022年に実施された内容が下記のとおりです。

 

  • 日 程:2022年8月27日(土)
  • 開 場:12:00~
  • 昼花火:17:15~18:15
  • 夜花火:18:50~21:30
  • 会 場:秋田県大仙市大曲雄物川河畔(大曲の花火公園)
  • 打上数:約18,000発

 

大曲の花火大会のこの夏がメインです。

 

打上げ数も18000発と一番多く、

夕方17:15から開催される昼の部と

18:50から開催される夜の部の

2部構成になっています。

 

メインなだけあって75万人が集結

大混雑するうえ、会場周辺は駐車禁止となります。

 

場所取りの難易度はかなり高めですね。

 

ただ有料観覧席が準備されていますので、

当日ゆっくり観覧するためにも

観覧席をゲットしておきたいですね

 

-秋の章-「劇場型花火」

  • 開  催 日:2023年10月7日(土)
  • 打揚発数:8000発

 

秋の章として8回目になります。

 

詳細については発表され次第追記します。

 

大曲花火大会2023の見える場所や穴場スポット!

観覧会場図引用:https://www.oomagari-hanabi.com/spring2023/index.html

上記は会場での観覧場所です。

 

打上場の真ん前は有料観覧席となっています。

 

上記投稿にもあるように、

夏は全国から多くの人が集まる為、

観覧場所に四苦八苦しそうですが、

春と秋は比較的ゆっくりできそうです。

 

他にも穴場スポットをいくつか紹介しておきます。

 

ファミリーマート大曲西根店駐車場

大曲花火大橋のすぐ近くあり駐車場も広めです

 

上記のように花火待ちの方がちらほらと。

 

時間になるとそこそこ集まってくるようです。

 

駐車場料金は1台3000円です。

 

大曲ヒカリオ駐車場

大曲駅と会場の間にある

大曲ヒカリオの駐車場の屋上からも

花火を観覧することができます。

 

最初の2時間は無料

以降は1時間ごと100円なので、

リーズナブルなお値段で花火をみられます。

 

姫神公園


会場からは少し距離がありますが、

高台にある公園なので花火が一望できます。

 

公園内のトイレも利用できるため

穴場スポットとしても良好です。

 

花火会場の裏手側

花火会場の裏手側は田畑が広がる場所で

目の前を遮るものがなく視界良好です。

 

ばっちり花火も見えますが

虫よけスプレーは必需品です。

 

またこちらは駐車場に関する口コミです。

 

 

\完全予約制の駐車場akippa!/


大曲花火大会2023のチケット

次に大曲花火大会のチケットについて

解説していきます。

 

チケットの前売り券は全国のセブンイレブン、

ローソン、ミニストップ、ファミリーマート

店頭端末で購入できます。

 

観覧席料金【前売り券】

  • イス席1人:6,000円(税込)
  • テーブル席4名:26,000円(税込)
  • カメラマンエリア1名:6,000円(税込)
  • 購入期間:2023年3月1日(水)10:00
    ~2023年4月28日(金)23:59まで

 

また当日券が各入場入口で購入できます。

 

  • イス席:7,000円(税込)
  • テーブル席4人1セット:28,000円(税込)
  • 入場入口:花火ロード 入口1
         大曲花火大橋側 入口2
         姫神橋側 入口3

 

他にもツアーに参加して

有料観覧席(浅敷席)で観ることもできます。

 

また夏以降の分についても詳細が

発表されていませんので詳しくは

公式サイトから確認してみて下さい。

 


上記画像は大曲花火大会の

有料観覧A席からの様子です。

 

これは料観覧席ならではの魅力

感じることができるようです。

 

また、仕掛け花火も目前で

みることができるので圧巻です。

 

大曲花火大会2023駐車場

次に駐車場情報について見ていきます。

 

観覧会場内有料駐車場1台 2,500円(税込)
※チケット購入者のみ
※チケット購入と同時に駐車チケットを購入。
※22:30までに退場のこと。

 

会場外駐車場(無料)

  • 大仙市役所西隣
  • 大仙市役所大曲庁舎
  • 大曲技術専門校
  • 大曲市民会館
  • はなび・アム南隣

 

また先ほどの穴場スポットでも紹介した

ファミリーマート大曲田町店大曲ヒカリオ

駐車場だとその場から観覧できます。

 

大曲花火大会2023のツアー

また大曲の花火大会にはツアーを利用して

参加される方もあるようです。

ツアー参加は絶対に

有料観覧席(浅敷席)で見れます。

 

自力で有料観覧席(浅敷席)を購入するのは

難易度が高く難しいため

ツアー参加型の方が確実です。

 

有料観覧席の抽選は7月ですが

新幹線やホテルの予約を

その前に済ませてておかないと

埋まってしまう可能性がありますので注意です。

 

ホテルや新幹線を予約しても

有料観覧席が取れないという事態が

考えられるため、ツアーに参加した方が無難です。

 

ちなみに昨年のツアーでの

有料観覧席の料金は下記の通りでした。

 

  • テーブル付イス席(4名):30,800円
  • ベンチ席(3名):16,500円
  • パイプイス席(1名):5,500円
  • ブルーシート席(4名):11,000円
  • 堤防席(3名):19,800円

 

大曲花火大会2023の口コミ!

オープニングのおすそ分けありがとうございます。

無事に開催されてよかったですね

 

まさに芸術的です!

すばらしいショットですね

 

 

すごい人出です。

熱中症対策も忘れずに!

 

 

こちらの記事も参考にして下さい。

 

まとめ!

今回取り上げたのは全国的にも有名な

大曲の花火大会です。

 

2023年「春」「夏」「秋」

3回実施が予定されています。

 

メインの「夏」以外は

比較的ゆっくり見れそうです。

 

「夏」は全国から多くの人が集結するので

混雑や駐車場、穴場といったところも

チェックしておきたいですね。

タイトルとURLをコピーしました