佐賀では貴重な歴史体験と、泊まれる図書館でくつろげる!

こんばんは。

九州の各地を楽しくお伝えするブログです。

数多くあるスポットから、いくつかピックアップしてお届けいたします。




今回お届けするのは「佐賀」

今回は「佐賀」の観光スポットをご紹介していきたいと思います。

佐賀県は九州北西部に位置し福岡県と長崎県の間にあり、北は玄界灘、南は有明海と接しています。

焼き物や吉野ケ里遺跡などが有名で、そのいくつかを取り上げてみました。

日本最大級の集落跡地「吉野ケ里遺跡」

「吉野ケ里遺跡」は日本最大級の弥生時代の集落跡地になります。

2300年ほど前に人が住んでいたとされ、集落を囲むほりや物見やぐらの跡などが発見されました。

現在は吉野ケ里歴史公園となって、復元された物見やぐら当時のくらしぶりなどを、見ることができます。

高床式住居の建築技術は、大陸からの影響が見られます。

思いのほかりっぱな建物が多くあり、歴史を感じることができますよ。

園内にある古代植物館では、色んな体験やイベントなどが期間限定で開催されており、事前にチェックしておくといいですね。

お好みのイベントに合わせて訪問すると、さらに楽しめますね

また春には公園まわりの、菜の花畑が彩を飾ってくれて訪れるにはおすすめの時期ですね。

一度は、見物しておきたいですね。

入場無料がうれしい「佐賀城本丸歴史館」

「佐賀城本丸歴史館」は佐賀城を復元し、江戸時代末期から明治時代の佐賀に関する資料が展示されています。

鍋島家の家系図などの資料や、大砲などの展示もあり、当時の様子を伺うこともできます。

また「歴史館ゼミナール」と称して、特別記念講演会なども開催されており、歴史好きのマニアなどには、たまらない企画となっているようです。

市内の中心部にあることからとても行きやすく、入場料が無料というのもうれしいですね。

訪れてみる価値はありますよ。

泊まれる図書館で至福な読書体験

佐賀市の古湯温泉には「泊まれる図書館 暁」があります。

古民家を改築したこの図書館には約1400冊以上の本があり、本好きにはたまらない場所になっています。

一日一組限定ですが、うわさを聞きつけ海外からも、本好きの宿泊客が訪れるほどです。

温泉にゆっくりつかったあと、静かな夜を読書で迎えれば、贅沢な時間を過ごせそうですね。

昼間はカフェとしても営業していて、コーヒーやデザートと共に、お気に入りの本を楽しむこともできます。

温泉と読書を楽しめる「泊まれる図書館 暁」は貴重な体験ができそうですね。

佐賀では貴重な歴史体験と、泊まれる図書館でくつろげる!《まとめ》

佐賀の観光スポットはどうでしたか?

吉野ケ里遺跡や佐賀城本丸歴史館では貴重な歴史を学べますし、全国でも珍しい泊まれる図書館でゆっくりくつろげば、贅沢な思い出ができますよ。

佐賀での体験を楽しんでみてはいかがでしょうか?




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする