Nosukeブログでmisonoとの闘病生活を綴る!そして病気の経過は?

ドラマーNosukeさんが自身のブログで、妻misonoさんとの闘病生活を綴っています。その後、退院を迎えた病気の経過はどうなのでしょうか?Nosukeさんのブログで綴られたmisonoさんとの闘病生活での思いや、病気の経過などをチェックして見ました。




Nosuke退院後、misonoと共演!

病院での精巣がん胚細胞腫傷で闘病生活を送っていた、HighsidEのドラマーNosukeさんが3月10日に退院し、翌11日に福島県郡山市の「ビックパレットふくしま」で開催された、東日本大震災復興祈念イベント「福魂際2019」で、妻のmisonoさんと共演を果たしました。

少しやせた感のある姿で、頭にはハットをかぶり、闘病後初めて公の場に立ちました。

ステージ上で行う、恒例のバックバンド紹介では「ドラムーッ!マイダーリン!イケメンやろ、うちの夫」と嬉しそうにのろけていました。

また、イベントに先立って行われた会見では、妻のmisonoさんが「一緒に演奏する事ができるので、とても嬉しい」「一緒に出演させて頂き、嬉しく思ってます」と共演できる喜びを繰り返し語っていました。

去年に続いて2度目の出演となったmisonoさんは「昨年も、逆に自分が色んなものをもらって帰った」「みなさんの元気・笑顔・勇気に救われています」「みなさんに感謝です」と語っていました。

今年は地元の子供たちで作る「福島ダンスキッズ」とコラボし、またNosukeさんとも共演でき、ひときわ輝いていました。

Nosukeの病気、「完治まで程遠い、油断せずに過ごしたい」!

Nosukeさんの病状は2月現在で、ステージ3の症状で肺への転移も消え、胃の下にあった腫瘍もおおよそ16分の1ほどまで小さくなり、周りの圧迫されていた臓器も元の位置に戻っていたそうです。

3月からは、新たな抗がん剤治療が始まる訳ですが、これまでの治療効果で数値も下がり始め、抗がん剤治療も今月で終わる見通しだと言います。

これまで、4クールという長い抗がん剤治療の期間も、ひとまず終えての退院ですが、完治に向けて油断せずに過ごしたいと語っていました。

ここまでは順調に来ているようですね。

Nosuke闘病生活への思い、ブログで前向きになれた!

Nosukeさんは病気を公表後、思いをブログに綴ってきました。

病気が発覚したことや、治療で睾丸を失ったり、抜け始めた髪をそってもらう中、あえて落ち武者ヘアーを披露したりと、ありのままの姿と見せてきてくれました。

misonoさんの支えがあったとはいえ、この3か月間、明るく前向きに発信してきてくれました。

Nosukeさんは闘病生活とブログを通して、「後ろ向きな考えを持つことはもったいない。心の余裕が少し大きくなるだけで、物事のとらえ方が変わるんです。やりもしないのにあきらめるとか、決められた人生で行くのが正解というカラを破って、その人が秘めている何かを出すチカラになれたらいいなと思います」と感じているといいます。

前向きに闘病生活を送っている姿には、頭が下がる思いです。

Nosuke闘病生活ブログ、実はmisonoとの大ゲンカからだった!

当初は心の準備も整っておらず、病気の事も受け止め切れていなかったと語っていたNosukeさん。

本音はもう少し治療が進んで、落ち着いてからブログを始めてもいいではないかと思っていたそうです。

しかし、妻のmisonoさんは性格も正反対で、とにかく早くってといい、まだゆっくりでいいというNosukeさんの意見が、ぶつかり合っていたそうです。

結局、ぶつかり合う意見の中で、misonoさんの意見に納得した方が、早く終わると思って開局に踏み切ったそうです。

そして、ブログを綴っていく中で、自分が発信したコメントに反応してくれる人は、結構自分の中に入り込んできてくれると感じていたと言います。

病を乗り越えた人の励ましのコメントや、不安で診察に行けないというコメントを見ながら、自分は今、その真ん中にいるのだと感じ、強がらなくてもいいし、弱がらなくてもいいと素直になれたと言います。

自分が体験したことをブログに残しておけば、誰かが見に来てくれて、診察に行こうとなるかもしれないし、少しでもきっかけになってくれればと思いながらブログを続けていると言います。

等身大の姿を綴るNosukeさんのブログは共感を呼び、開局1週間で総合1位にランクされるほどの注目を集めています。




Nosuke、闘病生活を通してmisonoへの想いを語る!

Nosukeさんは闘病生活が始まって、夫婦関係にも変化があったと言います。

お互い違った環境で育ってきたし、大事にしているものも違うし、考え方も違うのでこれまではバチバチし合うことが何度もあったそうです。

misonoさんも、ストレスが一番の敵だと思い、自らストレスを与えたらいけないと思うようになり、言う量は変わらないが、言い方をちょっと笑いながらに代えると、自然と言い回しができるようになっていたと言います。

そこに、夫婦間の信頼関係が芽生えたのかも知れませんね。

そして、闘病生活ブログを始めたことにより、想像以上の最高な結果になることに気付いたとも言います。

misonoさんが違う次元に連れて行ってくれるし、一生を共にする事に向き合える人に出会えてよかったと心境を語っていました。

Nosuke闘病生活綴るmisonoのブログ炎上も、頑張れるようになった

misonoさんもまた苦悩の日々を送っていました。

最愛のご主人の闘病生活を支えながら、自らもブログの発信を続けてきました。

Nosukeさんの事を書くと「売名行為だ」「アクセス稼ぎだ」を言われ、書かないでいると「自分の事ばかり」と逆のことを言われ、仕事に行っていると「そばにいた方がいいのでは」と誹謗中傷めいた言葉が舞い込んでいたと言います。

「自分はネガティブな性格だけれども、自分よりネガティブな立場にいるNosukeさんが頑張っているから、より頑張っていけるようになった」と言います。

ブログの炎上は、「ずーっと気になっていた」が、絶対的な味方のNosukeさんがそばにいたからと支え合ってこれたと語っていました。

あっという間の3か月だったそうです。

素敵な夫婦だと思いますね。

関連記事はこちら

Nosukeブログでmisonoとの闘病生活を綴る!そして病気の経過は?《まとめ》

これまでの闘病生活を、赤裸々に語ってきたNosukeさん。

妻misonoさんと二人三脚で歩んできた3か月間の葛藤をまとめてみました。

支え合ってきたこの夫婦に敬意を表し、今後も順調に回復に向かわれることを期待しています。

引用:http://ur0.work/VeYr




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする